腰椎分離症、腰椎すべり症

コラム 腰痛

腰椎分離症、腰椎すべり症

スポーツ障害で腰部に起こる障害として発症頻度が高いのが腰椎分離症と腰椎すべり症です。脊椎はよく電車に例えられます。椎骨一つ一つが車両で、それが連結することで姿勢を維持し、曲げたりひねったりという動きにも柔軟に対応できるのですが、この連結器に相当するのが椎弓(ついきゅう)という部分になります。椎弓は椎体の後方に扇の様に広がっている組織です。この椎弓が何らかの原因で分離する(骨折する)のが腰椎分離症、椎弓の障害で椎骨があらぬ方向にずれてしまう(脱臼している)のが、腰椎すべり症になります。

腰椎分離症、腰椎すべり症の原因

腰椎分離症と腰椎すべり症の違いは骨折しているのか脱臼しているのかの違いで、原因はどちらも同じとなりますので一緒に紹介していきましょう。 骨折や脱臼は強い衝撃や圧力が加わった時に起こります。腰椎分離症や腰椎すべり症がスポーツ障害として発症頻度が高いのも腰に過度の外的なストレスが加わりやすいからで、特に格闘技や重たい物を持ち上げるフリーウェイトの選手などに多い障害になります。また、加齢で骨がもろくなる骨粗鬆症でも起こりやすいため高齢者も注意が必要です。

腰椎分離症、腰椎すべり症の症状

腰椎分離症もすべり症も発症頻度が高いのは椎弓であるという特徴があります。椎弓は脊椎の背中側に扇形に広がる組織ですから、ちょうど腰を反らせると負荷がかかり強い痛みを覚えます。完全に折れてしまった場合は前屈みのまま動けなくなるほどの強い痛みを覚えますが、分離症では疲労骨折や亀裂骨折のようにヒビが入ってしまった状態、あるいはすべり症で僅かにずれてしまっている場合には通常の姿勢では痛みがそれほど強くなく、反らせた時にだけズキンとする痛みや刺すような痛みが走る場合がありますので、ストレッチなどで腰を反らせた時に痛みが走る場合は要注意です。

腰椎分離症、腰椎すべり症の対策

骨折や脱臼の対策は動かないように固定して安静を維持することが重要とされています。ということで、腰椎分離症や腰椎すべり症でも基本的な対策はコルセットなどで固定をして出来るだけ安静にする、ということになります。また、症状が重い場合には外科的な手術を施す場合もあります。ただし、腰部は同じ姿勢を維持していることで血液の流れが滞り、筋肉痛やぎっくり腰になりやすくなるので、分離症やすべり症の予後と相談をしながら、他の腰痛対策をとることも重要になります。特にコルセットで固定している部分は筋肉量が落ち、一旦症状が収まっても二次的な腰椎すべり症を併発しやすくなるので、治療の進行具合に合わせて、二次的な腰椎すべり症対策を取ることが重要となります。

腰椎分離症、腰椎すべり症と整体

腰椎分離症や腰椎すべり症は骨に起こる障害ですから、接骨院以外の整体でこれらの症状を軽減させることは出来ません。ただし上記のように固定することで血流量が下がり、他の腰痛対策をとらなければならない場合にマッサージや鍼灸などで筋肉への血流量を上げることは効果的です。この場合は病変部にストレスを与えてはいけないので、整形外科で腰椎分離症や腰椎すべり症の治療中は慎重に行なわれなければなりません。必ず主治医である整形外科医と相談の上、整体を導入するようにしてください。(骨に異常がある場合は控えた方が良いでしょう。)

一方である程度治療が進んで、二次的なすべり症対策を講じなければならない段階に差し掛かれば整体は有益です。治療に差し支えの無い範囲内であれば積極的に整体を導入しても良いでしょう。治療中に落ちた筋肉を回復するためには運動療法に加え、マッサージや鍼灸治療で血流量を上げることで相乗効果が期待出来ます。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧