妊娠による腰痛リスクについて知ろう!

コラム 腰痛

妊娠による腰痛リスク

女性特有の腰痛リスクとして妊娠があります。妊娠による腰痛は主に二つのタイプに分類されます。妊婦が腰痛に悩まないようにするためにも妊娠による腰痛のタイプを正しく理解し、腰痛リスクを解消していくことはマタニティブルーを予防することにもなりますので、このチャンスにしっかりと妊娠と腰痛の因果関係について理解を深めておきましょう。

タイプ別妊娠と腰痛:ホルモンバランスの変化

女性が妊娠すると出産に備えて女性ホルモンの産生量が急激に上昇し、一時的に体内のホルモンバランスが崩れます。このホルモンバランスの変調はつわりや不定愁訴などの原因となりマタニティブルーを引き起こすリスクとしても捉えられています。

※不定愁訴...イライラしたり情緒不安定になる精神的な症状

妊娠初期には「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。リラキシンの働きは赤ちゃんが無事に骨盤を通過出来るように産道を開くというもので、赤ちゃんの成長に合わせて分泌され続けます。このリラキシンの作用によって骨盤の大きさが変化する際に腰痛を誘発する可能性があるので、妊娠初期の腰痛ではリラキシンの分泌量を測定する検査が行なわれます。

タイプ別妊娠と腰痛:重心バランスの変化

赤ちゃんの成長と共におなかが大きくなると必然的に妊婦の重心バランスに変化が生じます。おなかが大きくなるにつれて母体は後ろに反り返るような体勢になり、バランスを取るために頸椎が前になり腰が大きく反り返るような姿勢になります。この状態が数ヶ月の間続く上におなかの中の赤ちゃんの体重も加わるため、腰椎には過度の負担がかかり、色々な腰痛を引き起こしやすくなります。

このケースで妊婦がかかりやすい腰痛は脊柱管狭窄症、筋性腰痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、変形性腰椎症などが考えられます。また妊娠前から椎間板ヘルニアがある場合、重心バランスが変わることで腰椎が反り返る形になるため、飛び出した神経(ヘルニア)をより強く圧迫するため激痛を覚えます。妊娠中期以降では姿勢の変化で常に激痛が走るため立ち上がることさえままならないことになり、妊娠中の椎間板ヘルニアの手術は通常よりも困難な手術になりますので、腰椎椎間板ヘルニアの人は妊娠前にしっかりと治療しておきましょう。

妊娠腰痛の対策

妊娠中の腰痛を予防するためには以下のことに気をつけて生活するようにしましょう。

  • 無理に重たい物を持ち上げたり、長時間同じ姿勢を維持することを避ける
  • 家事や仕事の合間に適度に休息を取り、筋肉を休ませるようにする
  • 妊婦用の腰痛ベルトや帯を利用して、腰への負担を軽減させる
  • 姿勢を良くするように意識する
  • 立ち上がるときなど腰に負担がかかる動作を行なう時は足を閉じた状態で行なう(こうすることで太もも全体の筋肉で腰部を支えることが出来ます)
  • 妊娠前から腹筋や背筋を鍛えておく

妊娠腰痛と整体

妊娠中に腹部を圧迫するような整体法はNGですが、産婦人科でも妊婦用のヨガやストレッチを推奨しています。無理は禁物ですが、動かないというのも妊娠腰痛リスクを上げることになるので、妊婦にも対応を行なっているメディカルヨガやストレッチの整体なら積極的に行なった方が良いでしょう。また妊娠腰痛では血流障害による筋性腰痛を起こしがちです。無理の無い体勢で受けられる鍼灸やマッサージであれば腰痛予防効果が期待できます。また産後に妊娠中の不自然な姿勢のクセ付いてしまった場合には柔道整復を含めた整体を導入することで姿勢を取り戻すことが可能です。腰痛以外の妊娠後遺症が無い場合には腰痛の回復と再発防止に整体を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧