生理不順による腰痛について知ろう!

コラム 腰痛

生理不順

女性特有の腰痛として妊娠腰痛以外にも発症頻度が高いのが生理不順による腰痛です。生理不順は血流障害が原因で起こりやすいため生理不順の人は腰痛リスクも高いと考えられます。生理不順とは妊娠していないにも関わらず月経の周期が不安定で、生理痛や不正出血などの症状を起こす病気です。原因にはホルモンバランスの異常や血流障害、骨盤のズレなどが考えられますが、これらはいずれの場合も腰痛リスクと一致していますので、生理不順の人は相対的に腰痛持ちが多くなります。

生理不順の原因

では、もう少し生理不順を引き起こす原因について掘り下げていきましょう。生理不順を起こす原因として考えられるのは

  • 月経前症候群(PMS)
  • 骨盤の異常
  • 子宮後屈

などがあります。月経前症候群(PMS)とは月経周期の途中で排卵前に現れる不定愁訴(イライラや情緒不安)、気分が落ち込む、原因不明の腹痛や疲れやすくなるなどの体調面の不調が現れる症状の総称です。PMSが常態化すると心理的な要因で生理周期に異常が出やすくなります。骨盤の異常や子宮後屈は骨盤の物理的な異常が発生している状態ですので、代謝異常から生理不順が起こりやすくなります。

※子宮後屈...子宮が後ろ側に傾いている状態

生理不順と腰痛の因果関係

上記のように生理不順を起こす原因は主に血流と骨盤の物理的な異常によるものです。骨盤は腰椎と連結している骨なので、ここに器質的(物理的)な異常=子宮後屈や骨盤の異常があれば腰痛リスクは上昇します。また月経前症候群(PMS)も骨盤の器質的な異常や血流障害が原因で起こるものですから、腰部への血流量の減少によって起こりやすい筋性腰痛のリスクが上昇することになり、生理不順と腰痛との因果関係は十分に考えられると結論付けることが可能です。

生理不順と腰痛の対策

このように女性特有の腰痛として生理不順と因果関係があるということは女性の閉経前に腰痛を持っている人の場合一度は整形外科や婦人科に受診する必要性があります。骨盤の器質的な異常があり生理に影響を及ぼしている場合、専門医の診断と治療が必要となります。専門医の治療に整体を組み合わせることで相乗的な治療効果を期待することは出来ますが、整体だけで生理不順の改善を目指すのは根拠が乏しいと言わざるをえないのが現状です。

生理不順と整体

上記の様に生理不順と腰痛の対策として整体を考えた場合、女性特有の症状があるため婦人科の診察、治療と組み合わせた上で整体を導入して相乗的な治療効果の向上を目指すのが本筋と言えます。その理由の一つとして、東洋医学の世界では女性の冷え性に効果があるとされるつぼや経絡を刺激する治療法が確立されているからです。最近では鍼灸や指圧、マッサージ、ヨガは西洋医学の世界でも見直されていて、積極的に取り入れられ始めています。また骨盤の物理的な異常の一つである子宮後屈は柔道整復やカイロプラクティックによって矯正することが可能です。

生理不純や月経前症候群(PMS)は冷え性(血流障害)が原因となることが判明していますが、血流を改善するための効果的な治療法は未だ確立されておらず、血管拡張剤などの薬は副作用も考慮すると症状が重たい場合や高血圧症が併発している場合に限定されてしまいます。西洋医学には体質を改善するという概念が乏しいため、生理不順や冷え性、月経前症候群に対しての治療は対症療法が中心となりますので、整体による体質改善はこの女性特有の腰痛改善に効果が高いと考えることが出来ます。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧