腰部脊柱管狭窄症

コラム 腰痛

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は脊椎の病気です。脊椎を一つ取り出して上から見てみる(ちょうど輪切りにしたようなイメージになります)と中心部には脊柱と呼ばれる空洞があり、その中を中枢神経の太い束(中枢神経束:ちゅうすうしんけいそく)が通っています。また中枢神経束からは体の各組織や細胞に向かって末しょう神経が伸びているのですが、末しょう神経の根(神経根)は椎間板に守られるような状態になっています。腰部脊柱管狭窄症ではこの脊柱が何らかの原因によって狭くなり中枢神経束が圧迫されて痺れや麻痺、痛みなどの症状が出ます。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症を根本的に治癒させるための治療に必要なだけの十分な原因は良くわかっていないのが現状ですが、加齢によるカルシウム不足などが原因となって、骨の機能が低下すると発症リスクが上がるとされています。 実際に腰部脊柱管狭窄症の患者数は50代以上の中高年者が最も多くなります。ただし、若年層でも生活習慣の乱れなどから発症する可能性は十分にあるので油断は禁物です。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症になると痛みや痺れから長時間の歩行が次第に困難になり(この状態を間欠跛行:かんけつはこうと呼びます。)最後には歩くことが出来ないまで症状が進行する場合があります。 間欠跛行の段階では前屈みになると楽になるのですが、これは前屈みなることで普段は後ろ向きに力が加わっている腰部脊椎への負担が軽減されるからです。間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状ですから、自覚症状のある人は出来るだけ早めに整形外科を受診するようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症のタイプ

神経根が圧迫された場合:末しょう神経は中枢神経束の左右から伸びています。神経根とは末しょう神経と中枢神経束が繋がっている部分で、椎間板によって保護されています。脊柱管が狭くなると脊柱管と中枢神経束との隙間も狭くなり動いた時に直接脊椎(骨)が神経根に触れて腰部から足にかけて痛みや痺れが出ます。

馬尾(ばび)が圧迫された場合:馬尾(ばび)とは中枢神経束の末尾部分のことで、部位的には腰部の下の方になります。脊椎が直接馬尾に触れるまで狭窄すると馬尾を圧迫刺激するようになります。馬尾が刺激されると「ムズムズする」「チリチリする」などの違和感を覚えます。また馬尾は下半身に伸びる末しょう神経の始点なので、ここに強度の狭窄が起こると下半身の神経が麻痺し、排泄障害を起こす危険性もあります。

混合タイプ:神経根が圧迫されるタイプと馬尾が圧迫されるタイプの両方が起こった場合は混合タイプとなります。病気の程度としてはかなり深刻な状態と言えるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症の対策

高齢者に間欠跛行が起こると、患者本人も周囲の人も「年齢のせいで歩けなくなってきたのだろう」と思い込んでしまいがちです。しかしこの病気は進行性なので、放置していると症状がどんどん進み、最後には歩くことが出来なくなってしまいます。腰部脊柱管狭窄症は老化現象ではありませんので、早期発見、早期治療が功を奏し病気の進行を遅らせることが可能です。したがって少しでも自覚症状が出たら先ずは整形外科を受診することが重要になります。間欠跛行の段階では神経ブロックや非ステロイド系の消炎鎮痛剤の投与、理学療法などによる保存療法が中心となりますが、症状が重い場合には外科手術が適用される場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症と整体

腰部脊柱管狭窄症初期の段階では腰がだるい、腰部の筋肉が凝る、ハリがあるなどの違和感を覚えるなどの症状を来すので、整体やマッサージなどを受ける場合があると思いますが、脊柱管の狭窄は整体で緩和出来る症状ではありません。一時的に強い圧力を脊椎に加えるカイロプラクティックなどは症状を悪化させる可能性があります。先ずは整形外科で治療を受け、主治医と相談の上脊柱管への影響が無い範囲で鍼灸指圧やマッサージ、ストレッチなどの整体を受けるようにしましょう。保存療法を受けている段階なら周囲のコリやハリを緩和させるのに整体は効果的です。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧