アトピーの子は要注意!伝染性膿痂疹について知っておこう!

コラム 季節の病気

夏にかかりやすい病気のひとつに、「伝染性膿痂疹(のうかしん)」という病気があります。聞きなれない症状かもしれませんが、「とびひ」と言い換えれば、みなさんもご存じの病気かと思います。ここでは、伝染性膿痂疹の症状や原因、治療法について取り上げたいと思います!

「伝染性膿痂疹」ってどんな病気?

伝染性膿痂疹(”とびひ”のこと) は、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌が、弱った皮膚や傷ついた皮膚へ感染する病気です。
はじめは虫刺されのような小さく赤い点が、手でかくことによって大きな水疱やかさぶたとなります。かいた手でまた違う場所を触ると、そこへ菌が移動して、新たな水疱やかさぶたができるようになります。このようにして、かゆい水疱があちこちへと拡大してしまうため、”とびひ”と言われているのです。とびひは主に夏に発症し、乳児や幼児に発生しやすい病気で、保育園や幼稚園で集団感染してしまう危険もあります。

アトピーの子は要注意!とびひの原因とは?

とびひの原因である黄色ブドウ球菌は人の皮膚に、化膿レンサ球菌は人のノドにいつも存在する常在菌です。しかし、なぜこれらの菌が突然悪さをするのでしょうか。
それは、夏の暑さや外界からの刺激によって、通常あるはずの免疫が弱ってしまうことが原因です。免疫力が落ちた皮膚は、外界からの刺激や常在菌の攻撃に打ち勝つことができず、菌をやっつけることができなくなってしまうのです。特に、お肌が弱いアトピーの子はとびひにかかりやすいと言われています。

夏に広がるボツボツが出たら、まずは病院へ行こう!

とびひの症状は、一見アトピー性皮膚炎やあせも、水いぼなどと似た症状であるため、うっかり間違えがちです。しかし、悪化してしまうとひどいかゆみがある他、皮膚が大きくただれてしまうことがあるので、早めに治療を行いましょう。
とびひの治療には、原因となる黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌を退治する抗菌薬が使用されます。かゆみや炎症がひどい場合は、抗ヒスタミン剤や化膿をおさえる軟膏が処方されることもあります。とびひは、症状がひどくなる前に対処すると、治りも早い病気です。症状の判断に迷ったら、まずは病院へ行ってみてくださいね!

とびひは、お薬が処方されれば大丈夫!とはいえ、はじめから感染しないに越したことはありませんよね。とびひに感染しないためには、日頃からお肌の状態を清潔に保つことが大切です。特に汗をかきやすい夏場は、定期的にシャワーを浴びたり、ぬれタオルで拭いたりすることをおすすめします。同じタオルを複数名で使うと感染の危険がありますので、注意してくださいね!

著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧