テレビでよく聞く「熱中症」とは?その正体について知ろう!

コラム 季節の病気

夏になると日差しが強くなります。やはり気をつけなければならないのは「熱中症」ですね。ここでは、日射病について説明し、夏を気持ちよくのりきるコツをご紹介いたします!

”熱中症”の正体とは?

暑くなってくると、「日射病」や「熱中症」、「熱射病」という言葉をよく耳にします。中でも「日射病」は、夏の強い直射日光に長時間当たることによって脱水症状を引き起こし、体温調節機能が低下してします症状を指します。はじめは喉が渇き、次第に倦怠感や吐き気、頭痛をもよおします。ひどい場合ですと、意識が朦朧として倒れたり、痙攣が起きたりすることもあります。

日射病と似た言葉に「熱射病」がありますが、これは体温が40度近くまで上がってしまい、体温調節ができなくなってしまう状態を指します。同時に倦怠感やめまいなどが起き、ひどい場合は意識障害へと発展してしまいます。日射病とは違って汗が出ず、体温が下がらないという特徴があります。40度を超える高温になると、命に関わることもありますので気を付けましょう。

微妙な違いを持つ日射病と熱射病。これらを総称して「熱中症」と言われます。熱中症は、高温多湿の環境下で発症する様々な症状を指しており、日射病や熱射病の他にも、熱痙攣や熱湿疹などの症状も含まれます。

熱中症は、どのようにして予防する?

熱中症にならないためには、原因となる高温多湿の環境下に長時間身を置かないこと!これにつきます。これは、直射日光が当たる外だけでなく、熱がこもりがちな体育館や教室などの室内でも言えることです。予防対策として、以下のことに気を付けましょう。

  • 長時間、高温多湿の環境にいないこと
  • こまめに水分補給をすること(汗をたくさんかく場合は、水よりもスポーツドリンクを飲もう!)
  • 吸湿発汗の服を着て、熱を体にためないこと
  • 扇風機で風を回し、汗が飛ぶようにすること

小さなお子様やペットは、大人よりも地面に近い場所にいるため、アスファルトから照り返す熱を直接受けてしまいがち。たった5分程のお買い物やお散歩でも熱中症になってしまうこともありますので、こまめに水分補給をし、冷たいタオルで体を拭いてあげましょう。

熱中症になってしまったら?!

日射病や熱射病などが疑われる症状が出た場合は、直ちに涼しい場所へ移動し、水分補給を行いましょう。また、衣服を脱がせ、水タオルで体を拭いたり仰いだりして、体から熱を逃がすことも大切です。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧