ぎっくり腰の原因はどこにある?

コラム 腰痛

医学的な病名があるぎっくり腰。正式名称は「急性腰痛」または「腰椎ねん挫(椎間ねん挫)」…ぎっくり腰のメカニズムについて知ろう!

ではここからは症例別に腰痛の種類を取り上げることにしましょう。第一弾はぎっくり腰です。
ぎっくり腰を医学的な病名で言えば「急性腰痛」あるいは「腰椎ねん挫(椎間ねん挫)」と表現します。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は急激な負荷が腰にかかった時に起こる症状で、原因は腰痛持ちの人の数だけあると言われています。

しかし「急性腰痛」という病名からも分かる通り、何かの拍子に急激に症状が起こるもので

  • 重たい物を持ち上げた時
  • 急に起き上がろうとした拍子
  • くしゃみや咳ををした瞬間
  • しゃがもうとして急に腰を曲げた瞬間
  • 無理なストレッチなど急に腰をひねった瞬間

が発症の引き金となりやすい原因として考えられます。

ぎっくり腰のタイプ

ぎっくり腰になるとしばらくの間は激痛でその場を動けない場合もあり、重篤な場合には呼吸もままならないような状態になることも。

そんなぎっくり腰は主に次の3つのタイプに分類されるとされています。

1.筋肉疲労

まず、第一に挙げられるのが「筋肉疲労の蓄積によるぎっくり腰」です。

ぎっくり腰と言えば急に起こると思われがちですが、これは症状が急に現れるからであり、その原因となる筋肉疲労は長い時間をかけて少しずつ蓄積していき、ある日突然許容量を超えてしまい、普段なら大したことのない負荷がかかった場合でもぎっくり腰が発症してしまうというケースです。

二足歩行をする人間は日常生活を送ることで必ず腰の周囲の筋肉には疲労が蓄積していきます。

これは寝ても起きても、立っても座っても必ず疲労物質が蓄積していくものなので、日頃から疲労物質を取り除くケアをしていない場合は日ごとにぎっくり腰になるリスクが高まっていくということになります。

2.骨格の歪みによるぎっくり腰

二番目に挙げられるのは「骨格の歪みによるぎっくり腰」です。

立ちっぱなし、座りっぱなし、あるいは不自然な姿勢を長時間維持していると人の骨格はその環境に慣れようとして歪みが生じてきます。

不自然な姿勢のクセがついてしまうと、上半身と下半身の動きの支点となる腰に大きな負担がかかることになります。

こうして次第に疲労物質が腰部に蓄積していき、やがて少しの負荷でも耐えきれなくなってぎっくり腰が起こります。

3.急な過負荷によるぎっくり腰

最後の三番目のケースが「急な過負荷によるぎっくり腰」です。

これは運動不足など筋肉量の少ない人が急に重たい物を持ち上げようとした時あるいは運動選手でも過度な負荷をかけて運動をしたときなどに起こしやすいぎっくり腰です。

ぎっくり腰というネーミングに一番当てはまるケースとも言えるでしょう。中でも特に運動選手に多いのが激しい運動の最中に急に運動する方向を切り替えたりした場合に起こるぎっくり腰で、スポーツ障害の中でもトップクラスに多い症例となります。

ぎっくり腰はクセになる?

このようにぎっくり腰は日常生活の中にも発生リスクがいくつもあり、だれがいつかかってもおかしくないものです。

また筋肉疲労や骨格の歪みによるぎっくり腰は普段から疲労物質が蓄積していることによって起こるもので、一度限界を超えた筋肉はちょっとした負荷でもぎっくり腰を起こしやすくなります。

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になってしまったら、先ずは痛みが落ち着くまでその場で安静にしていましょう。

屋外などで起こった場合にはどこか安全な場所に移動する必要性がありますが、地力で歩行が困難な場合には誰かに助けを求めるようにしてください。

少し安静にしていて動けるようになったら、出来るだけ早い段階で整形外科で診察を受けましょう。

画像診断の結果、腰椎に脱臼や重度のねん挫が認められなければ痛み止めを処方してもらい、予後を見ながら日常生活に戻っても差し支えありません。

かつてはぎっくり腰になった場合、完全に歩けるようになるまでは安静が必要とされていましたが、寝たままの状態が長時間に及ぶのは却って疲労物質を蓄積させることになるので、逆効果です。

歩けるようになったら積極的に動いた方が回復が早まります。ただし、あくまでも無理は禁物なので注意してください。

ぎっくり腰の予防法

ぎっくり腰は急激な過負荷で起こるような場合を除き、殆どが日常生活と密接に関連性があります。

つまり、日頃から姿勢が悪かったり、運動不足で腰椎を支える腹筋や背筋の筋肉量が不足することで起こりやすくなるのです。このことからもぎっくり腰を予防するには

  • 姿勢を正す
  • 生活習慣を改める
  • 適度な運動を心がける
  • ストレスケアを心がける

ということが重要になってきます。

特に疲労物質を除去するためには副交感神経を刺激して体内の「回復プログラム」を適切に起動させることが鍵となります。

この「回復プログラム」は睡眠中に起動することが分かっていますので、睡眠不足にならないということはぎっくり腰予防にとって非常に重要なウエイトを占めると考えてよいでしょう。

ぎっくり腰と整体

ぎっくり腰のケアにとって整体は非常に効果的です。ただし、発症直後に整体を受けるのは避けましょう。

ぎっくり腰と一言で言っても筋肉の障害なのか腰椎(骨)の障害なのかを見極めることが重要です。

もし、腰椎に障害があり、骨折や腰椎の脱臼が起こっている場合には整形外科での治療が必要ですし、筋肉の障害の場合も炎症が酷い場合(熱を持っているような場合)のマッサージや指圧は却って逆効果になりかねません。

一度ぎっくり腰を経験するとクセになりやすいので、再発を予防するためのケアとして整体を取り入れるのが最も理にかなった方法になります。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧