「虫さされ」をあなどるなかれ!そのコワい症状とは?

コラム 季節の病気

夏になると必ずやられる“虫刺され”。痒くて気分の良いものではありませんね。この虫刺され、たいていの場合は痒みや少しの炎症だけで済みますが、時折全身の発熱やじんましんを伴う危険性があるのです。ここでは、虫さされで起こりうる症状と予防法についてご紹介いたします!

虫にさされるとなぜ腫れる?

虫さされとは、虫にさされることによって虫から出た毒素が体内へ入り込み、皮膚が炎症を起こす症状のことです。虫刺されの代表格は、”蚊”ですね。どこからかプ~ンと飛んできて、いつのまにか血を吸い、痒くなる…とても不愉快なものです。
蚊の場合、皮膚がふくれて痒みが発生するだけですが、蚊ではなく”ブヨ”や”アブ”にさされた場合、蚊にさされた時よりも強い痒みと共に、腫れがひどくなる傾向があります。ひどい場合は発熱することもあります。蚊やブヨ、アブは、木の多い公園などに生息していることが多いため、外出して草のおいしげったところに入るような場合は、長袖を着るなどの予防をしましょう。

実は、室内にも危険がたくさん!

虫にさされるのがいやで、夏には蚊取り線香を焚いている家が増えますが、同時にダニやクモ、ムカデなどへの対策も行っておいた方が良いでしょう。
ダニにかまれると、蚊にさされるよりも強い痒みを伴い、痒い場所をかきむしることによって二次感染する危険があります。また、室内にいるクモの中には毒を持ったクモがいる場合もあります。たいていの場合は無害ですが、毒グモにさされると激痛や呼吸困難などに見舞われる危険もありますので、気を付けましょう。そして、中でも最も恐いのは、ムカデです。ムカデにかまれると、患部を中心にしびれが起き、同時に激痛が走ります。時間が経つにつれて患部の腫れがひどくなり、重篤化するとショック症状が出る危険性もあります。コワいですね!

ムカデにさされた時の対処法を覚えておこう!

ムカデに初めてさされてしまった人は、痛みと驚きでパニックになってしまうかも知れません。しかし、適切な対処法を覚えておけば、重篤化を避けることができますよ。ムカデにさされたら、まずは以下の2つを行いましょう。

  • 43度以上のお湯で患部を洗い流す。
  • ステロイド系のぬり薬をぬり、痛みが引かないようなら解熱鎮痛剤などを服用する。

ムカデにさされたら、早い段階で患部を高温のお湯で洗い流すことが大切です。43度以上のお湯をかけると、毒素の活性が衰え、傷みが和らぎます。ここで大切なのは、43度以上であることです。40度よりも低い温度のお湯は、症状を悪化させてしまうこともありますので、気を付けてくださいね!


このように、虫さされと一言で言っても、虫の種類によって症状が大きく異なります。小さな虫だからと言って甘く見ていると、とんでもないことになりかねません。特にムカデには要注意ですね!


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧