湿度が高い時期は気をつけて!カビアレルギーを予防しよう!

コラム 季節の病気

花粉症ではないにも関わらず、いつまでも鼻水や目の痒みが治まらないという方。もしかしたらカビアレルギーかも知れません。今回は、カビが発生する時期や場所、特徴的な症状や予防法についてご説明します!

カビって何者?!発生しやすい時期や場所は?

カビというのは、ざっくり言うと微生物のかたまりです。真菌類に属する糸状菌であり、菌糸の先端部が伸びながら胞子を形成していきます。その胞子からまた菌糸が伸び、さらに胞子を形成します。このようにしてカビは木が枝を作るように繁殖していきます。じわじわとカビが繁殖する様子は、カビ取り剤のCMなどで見たことがあるでしょう。

カビが最も発生しやすい環境は、以下の3つの条件が揃う場所です。

  1. 湿度が60%以上である
  2. 温度が20~30℃である
  3. タンパク質や脂肪分、体のアカ、繊維、木材などの栄養分がある

①~③の条件が揃いやすい時期は、やはり湿度が高くなる梅雨の時期ですね。また、カビが特に好む栄養源は、植物由来の成分と、体のアカなどです。つまり、台所とお風呂はカビが生えやすいというわけです。梅雨の時期は特に、水場はキレイにしておきたいものです。

カビアレルギーで発症する症状とは?

カビに対してアレルギー症状が出る人は、体内にカビの胞子が入ると、鼻炎、皮膚炎、結膜炎、喘息などを引き起こします。花粉症などで鼻炎になりやすい傾向がある方は鼻炎になりやすく、小さい頃からアトピー皮膚炎の症状がある方は、皮膚炎の症状が悪化する傾向があります。

カビアレルギーは、まだハイハイしている時期の小さなお子様などは特に注意したいところです。カビ菌をきっかけにアトピー性皮膚炎になる子は少なくありません。水場だけでなく、床の隅や布団の下など、空気やホコリが溜まりやすいところは要注意です!

家で簡単にカビアレルギー対策を始めよう!

カビの菌は空中を浮遊しているため、それを一つ一つやっつけるのは困難です。しかし、栄養分に付着して繁殖したカビのかたまりは、簡単に除去することが可能です。ドラッグストアやスーパーに売っているカビ取り剤は、カビを根っこからやっつける強い薬剤が使われています。また、20mg/mL以上の次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用している薬剤は、カビ取り専用ではなくとも死滅します。

また、カビを繁殖させないようにするためには、防カビ剤を散布しましょう。方法は、お料理をした後やお風呂に入った後に、カビが繁殖しやすい場所に吹きかけるだけ!とっても簡単です。

そして何より、カビを繁殖させないためには、湿気がこもらないよう常に水分を取りのぞいておくことです。お風呂場は、水切りワイパーなどを使って壁についた水分を落としておくだけでも大きな違いがでます。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧